上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ネットでオリジナルトランプを注文しました。

テレビでオリジナルトランプが特集されてるのを見て「家族の写真をそのままトランプにしてみたい」と何気なく思ったのがきっかけでしたが、遊び心のある写真を採用したおかげで、なかなか笑えるトランプに仕上がりました。

注文する前は面倒な手続きをたくさん踏む覚悟でいたのですが、実際はどんな風に編集するかというと、ただ適当にクリックして、使いたい写真を当てはめて、フレームを選ぶというそれだけ。

簡単過ぎて少々不安になりましたが、注文から一週間で無事に家に到着しました。

オリジナルトランプで遊ぶとどんな感じなんだろう…と思い、到着した日にみんなでトランプをしてみたのですが、自分の顔が入ったトランプをするというのはそれだけですごく楽しいんですね。

ただオリジナルトランプで遊んでいるだけなのに、普通のトランプで遊んでいる時の数十倍くらい楽しめました。

いつか子供ができたら、こういうものをまた作ってみたいところです。

ちなみにお値段は二千円程度で収まったので、このくらいのお値段ならまた作ってもいいかなと考えています。

今度作る時はもっとおもしろいポーズをしている写真を使ってみようかな…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

オーダーカーテンとは、窓に合わせて作るオーダーメイド商品です。オーダーカーテンのメリットはサイズのフィット性が良く、またすっきりとした美しいカーテンに仕上ります。お気に入りの色やデザインなどを自分で決めて自分らしいお部屋作りができます。

オーダーカーテンの見積もりや注文は、お店に行かなくてもインターネットからすることができます。仕事で時間がない方や、小さい子供がいて外出できない方に便利なサービスです。お店のホームペイジにある見積依頼書に必要事項を記入して送ります。また、自宅までお店の人が来て、正確に採寸し、要望に応じたコーディネート、提案をしてくれる無料サービスもあります。自分でサイズを測るのが不安な人には安心なサービスです。お部屋にあったカーテンを選ぶコツは、色、柄だけにこだわらず、テイスト、スタイル、色、柄の順番で選ぶと良いようです。

ネットでオーダーカーテンの見積もりをするには、大体のお店のホームペイジには図入りで採寸の仕方が掲載してありますので、それを見て自分で採寸をします。オーダーカーテンの採寸をする時の注意点としては、1.レールを取り付けてから測る。2.金属製の巻尺(メジャー)を使う。3.どこまで測ったかをメモする。4.必要な長さをチェックする。5.フックのA・Bを確認する。あとは、ネット上の見積依頼書に記入して送ります。また、オーダーという性質上、注文後の寸法変更、キャンセル・返品ができないところも多いので、注文前に良く確認することが必要です。

お部屋作りに必需品であるカーテンは、選び方ひとつで、お部屋のイメージや使う人に合わせた雰囲気、環境作りをすることができます。カーテンをスタイリングすると同時にライフスタイルをかたちづくることができるので、カーテンは住む人のセンスやライフスタイルの象徴とも言えるかもしれませんね。
スキニーデニムは海外セレブの間でも熱い視線が注がれる今HOTなアイテムです。今までになく膝下の華奢さをアピールできる為、ドルマンスリーブなどボリュミーなアイテムもバランスよく着こなせます。また、大人の女らしさを演出する為に高めのヒールを履くのが鉄則です。カジュアルなデニム素材を大人らしく着こなす事が出来るのが、スキニーデニムの特徴でもあります。

ジーンズの語源はイタリア語で、デニムの語源はフランス語と言われています。現代のジーンズは、ヨーロッパで生まれたデニムを、アメリカに持ち込んだリーバイ・ストラウスの発案により誕生しました。その起源は15世紀、イタリアの港町ジェノバで作られた厚く丈夫な布地、あるいはその布地でできたパンツを着用していた水夫たちをジェノイーズと呼んだのが語源だといわれています。フランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を、ゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットさせたリーバイ・ストラウスが、その生地をインディゴで虫除け、蛇避けを兼ねて染めたものが、ブルーデニムであり、ジーンズの発祥です。

これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたがスキニーはさらにそれより細いということを強調しています。特にデザイン的には、ひざ下のデザインが程よくフィットしている所に特徴があります。「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるとか。

スキニーデニムの定番コーディネイトといえば、やっぱりロングカーディガンとのコーディネイトですね。スキニーデニムの特徴は、なんといっても、足にピッタリとフィットする感じ。きちんとしたブランドのものなら、デニムの内側の縫い方がしっかりしていて、足をより細く見せてくれます。トップにオーバーサイズなものを持ってくる、レトロスタイルが流行しそうな今年の秋冬にかけても、スリムタイトなボトムの人気は続行しそうです。秋冬には細身ブーツにインしてもカッコよさ格別です。それでも気になるのが、足の付け根のあたり。それをカバーしてくれるのが、お尻もカバーするロングカーディガンです。これまではその細さゆえ、履く人の体型を選ぶところがありましたが、今ではふくらはぎに合わせた、丸みのあるパターンを採用し、ひざ下がピチピチにならないものなどが登場しています。
スキニーデニムとは、脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズを言います。あますところなくタイトフィットする超細身のスキニーデニムは、海外セレブの間でも熱い視線が注がれるHOTなアイテムです。今までになく膝下の華奢さをアピールできる為、ドルマンスリーブなどのボリューミーなアイテムもイカツくならず、大人の女らしさをグッと格上げできます、高めのヒールでさらに大人の女度をUPさせるのが鉄則です。

ジーンズの語源はイタリア語で、デニムの語源はフランス語と言われています。現代のジーンズは、ヨーロッパで生まれたデニムを、アメリカに持ち込んだリーバイ・ストラウスの発案により誕生しました。その起源は15世紀、イタリアの港町ジェノバで作られた厚く丈夫な布地、あるいはその布地でできたパンツを着用していた水夫たちをジェノイーズと呼んだのが語源だといわれています。フランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を、ゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットさせたリーバイ・ストラウスが、その生地をインディゴで虫除け、蛇避けを兼ねて染めたものが、ブルーデニムであり、ジーンズの発祥です。

これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたがスキニーはさらにそれより細いということを強調しています。「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるとか。「スキニージーンズ」と言わないのは語源に由来していると思います。

スキニーデニムを選ぶときには、とにかく『試着』しまくってください。「脚が入るから」、「ボタンがとまるから」、「ファスナーがしまる」といった、「入るか入らないか」という基準だけで、サイズやブランドを決めないことですね。メーカーによって、スキニージーンズのラインのコンセプトは様々ですから、いろいろ試してゆくことで、自分の体型に合うものがきっと見つかるはずです。もうひとつスキニーデニムを選ぶときに注意して欲しいのが素材選びです。ストレッチの効いたソフトな素材から、まったく伸びないハードな素材まで、いろいろと穿き比べてみましょう。ストレッチ素材は、穿き心地は良いけれど、体系がハッキリ出ます。一方、ハード素材は穿き心地は窮屈でも、デニムに体系が合います。最初っから「私の体型だと・・・」と決めつけないで、いろんなタイプのスキニーデニムを試着してみましょう。

テーマ : おすすめ情報・お買得情報 - ジャンル : ファッション・ブランド

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。